2017年6月30日金曜日

マットレス

寝具の話。



腰をひどく痛めた2012年に、無印良品の脚付きマットレス(シングル)を買いました。
名だたる寝具メーカーに混じって、意外にも腰痛持ちからの評判がよかったのと、求めやすい価格だったので。

(脚は20cmを使用。最初12cmを使ったが、下に掃除機をかけにくかったので)

実際にだいぶ快適だったのだけれど、最近だいぶへたってきたので、代わりとしてアイリスオーヤマのエアリーマットレスを買いました(Amazonで)。
こちらはミニマリスト御用達のアイテムらしく、どんなものか気になっていたので。



で、ひと月ほど使ってみました。
敷き布団はなし、フローリングに直接しいています。

(脚付きマットレスもまだ捨てずに置いてあります)

両者を比較すると、甲乙つけがたい。

脚付きマットレスは、寝起きが楽。腰痛がひどい状態の時にはこれが一番。
あとは、簡単に移動できず、ずっとそこにあるので、着替えるときに腰をかけたり、座るのに疲れたらちょっと寝そべったりと、姿勢を変えやすいのも腰痛もちにはよい。
物を広げたり置いたりもしやすいし。

これに対して、エアリーマットレスは、三つ折りで片づけられるので、使っていない時には仕舞えるのがよい。
ベッド(脚付きマットレス)だと、使用していない時には、部屋のどこに配置しても、どこかしらへの動線をさまたげるのだけれど、エアリーマットレスは邪魔になることがない。
部屋の自由度が上がる。

そして、敷き布団なしで使えるので、持ち物を減らせる。

脚付きマットレスは、本体、敷パッド(替え)、敷カバー(替え)、枕、枕カバー(洗替え)、掛ふとん(肌掛け)、掛け布団カバー(替え)で、合計12点。

これに対して、エアリーマットレスは、本体、カバー、枕、枕カバー(替え)、掛ふとん(肌掛け)、掛け布団カバー(替え)で、合計9点。本体カバーの替えを購入すれば10点になるけど、ベッドの敷きパッドがかさばるので、それらを減らせると空くスペースは大きい。

あとは捨てやすいのもエアリーマットレスに軍配があがる。

脚付きマットレスも1人で粗大ごみに出そうと思えば、引越し業の兄さんたちなら出せるのだろうけれど、きつい。
人手のある今のうちに始末しておきたい。

ただ無印良品の脚付きマットレスは、不要家具の引き取りサービスがあるので、ずっと使い続けるのであれば、買い替えの時には処分を気にしなくてもよさそうだけれど、それでも最後には誰かの手をわずらわせることになるので、できるだけ片付けやすくしておきたい。

ということで、自分にとっては、体てきに好ましいのが脚付きマットレス、物として好ましいのがエアリーマットレス。

といっても、エアリーマットレスも寝心地はよいので、単純に床からの高さがあるから脚付きマットレスのが体てきに好ましい、というだけで、小上がりとかあれば、体てきにもエアリーマットレスで問題ないと思う。

梅雨が明けたら脚付きマットレス(と、敷きパッドとその予備、敷シーツとその予備)を始末しようかね。世話になったのを雨のなか追い出すのもしのびないし。

2017年6月26日月曜日

ゴキブリ対策

2015年の夏に引っ越してきて、すぐにゴキブリ(チャバネ)を見かけたのは引越し業者のダンボールとか養生用の布についてきたのかな、と思ったのですが、最近また姿を見たので(クロ)、これはいよいよ対策をせねば、と。


まずは調べましょ

と言っても、「ゴキブリ対策」で検索して、いくつかのサイトを見ただけ。

で、わかったことは、外からの侵入を防ぐために家の隙間を埋めろ、毒エサが費用対効果に優れている、4〜5月から活動して最も活発なのが7〜8月、スプレーは腹をねらえ、丸めた新聞では叩きすぎるな、玉ねぎやダンボールは好まれる、など。


実際に対策しましょ

家の隙間は、埋めきれるものでもなし、面倒くさいのでパス。

簡単な毒エサを設置することに。

評価の高そうなブラックキャップの内用外用、ついでにハッカ油スプレーも購入。


今後の予定

今回設置した場所をメモして、効果の切れる6ヶ月後、12月に回収することをGoogleカレンダーに予定。

ついでに来年の活動が始まる頃、3月の終わりに、家の外にブラックキャップを設置することも予定。

(家の中は、設置すると、掃除の邪魔になるのと、においが強いので、屋内で姿を見ることがなければ設置しない方向で)

回収は10月に予定。

来年以降のブラックキャップの設置と回収は、Googleカレンダーで毎年繰り返すことにしておいて、様子を見ます。


以下は参考にしたサイトへのリンク

ゴキブリ対策……検索ワードまんまでヒットしたサイトだけど、見やすくまとまっていました。


ゴキブリ対策の予防おすすめと撃退法は?生態や弱点は?……もっぱら新聞紙を丸めて叩くのがうちのやり方だったのですが、タマゴとか、よく考えてなかったです。


「ゴキブリを二度と部屋に出さない!」完全G対策マニュアル……3ステップで分かりやすく書かれていました。

2017年6月15日木曜日

シェーバー



シェーバーをPHILIPS(フィリップス)のHQ7310(写真左)からBROWN(ブラウン)のM-90(写真右)に変えました。

たぶん高城剛『LIFE PACKING』で知ったと思う。

2012年にAmazonの欲しいものリストに入れて、度重なる削除の機会にも負けずに生き残り、今つかっているシェーバーがあやしくなってきたので、めでたく購入となりました。

(欲しいものリストに入れた時に何で知ったのかもコメントに入れておけばよかった)

つぎのシェーバーはこれ、と決めていたから買ったのだけれど、実際に手にとってみるとこれが素晴らしい。

コンパクト

モバイルシェーブなので本体が小型なのはもちろん、乾電池式でキャップが一体型、メンテナンス用のブラシも本体に格納できるため、正味これ1個だけ。

これ1個だけなので、電源コードも、付属品を置いておく場所もとらない。小物の収納トレーを1つ減らせました。

思った以上にすっきりします。

楽しい

ツイスト式キャップといって、本体と一体型のキャップが回転するんです。

つかう時には網刃をだして、つかい終わったら網刃を保護する。

網刃をだした状態でないと電源ONにできない。

このギミック感というか、義務的なひげ剃りに、おもちゃで遊ぶ感じがプラスされて、楽しい。

はずしたキャップの置き場所をさがしたり、時間がないときに手がすべって転がり逃げるキャップにいらっとすることもなく、とてもスマート。

安い

Amazonで2,000円ちょっとと安価なので、次回の買い替えも苦にならない。

また使用する乾電池も調達の容易な単3形が2本と、エネループとの相性もよさそう。

決定

乾電池式なら停電や災害時にもつかえるし、エネループでの普段使いから旅行用まで、もうこれ1つでいいよ。

2017年6月3日土曜日

テニスシューズ

テニスシューズ3足体制になりました。
  1. ジム(室内用)
  2. オンコート(テニス用)
  3. 外履き(ランニングやウォーキング用)
  4. 廃棄
基準となるのはテニスコート用で、テニスコート用が減ってきたら新しく買い足して、上から下へ順々におろしていく感じ。

新しく買ったのをジムでならして、ジムで使っていたのをテニス用におろして、テニスで使っていたのはランニングやウォーキング用にまわして、ランニングやウォーキングに使っていたものは廃棄する。