2017年2月19日日曜日

新規アカウント作成前にググること

 「●● アカウント 削除」とか「●● ID 退会」でググって、削除・退会ができなかったり面倒だったりするとこは、避けること。


 A4コピー用紙に手持ちのIDアカウントを一覧にしてまとめています。

 スマホの通信契約をどこと結べばアカウントが増える減ると、一覧を眺めながら考えていたのですが、ふと末尾にかためてある塩漬けのアカウントが気になりました。

 使わなくなったのだけれど、削除・退会の方法がなくて放置してあるものや、ひょっとしたらまた使うかもと、もう2〜4年ほど放置してあるもの。

 気まぐれにひとつログインしてみたら、クリックひとつで削除できるようになっているじゃないですか。

 これでテンションがあがってアカウント削除祭りに。

 4つほど、ネットから簡単に削除できるものをしました。1つ、削除するために登録せなあかんことが多くて、面倒なのもあったけど、これらにはまたお世話になるかも。


 で、使ってないけど、削除の手続きがウェブではなく電話のやつが2つ残りました。面倒ですが、ついでなので頑張ってみることに。

 1つは、電話番号をウェブで入力すれば、向こうから2分以内にかけてきますよ、というもので、実際にすぐにかかってきて、手続きもその電話だけで済みました。
 内容も本人確認と削除したら課金したものも失われるよ、という確認だけで、事前にログインして本人確認のための質問と回答を把握したり再設定しておけば、楽だったね。


 しかしもう1つの、ソニー、おまえはダメだ。面倒くさすぎるし、情報を削除するために情報を収集するとか、何なの。

  1. 電話かけてこい。で、電話したらまず22.5秒ごとに10円かかるというアナウンス。
  2. そして担当が忙しいから、本日中には対応できない、また明日おりかえすから電話番号を教えろと。
  3. 翌日、電話で、削除用のメールフォームをメールで送るから、メールアドレスを教えてと。
  4. 半日後にメールが来たので、開くと、48時間以内に添付のURLからメールフォームに飛んで入力してねと。メールフォームは1度だけ有効で、ブラウザで戻ったりしたら使えなくなるからねと。
  5. メールフォームに登録情報を入力して、削除した場合の注意に1つ1つ同意してチェックをつけたら、チャットに進めと。
  6. チャットに進んだら、4人待ちで、待機せよと。待機時間が10分を超えたら自動切断しますよと。
  7. チャット、1人待ちまで進んだところで、自動切断される。
  8. 再び電話して、メールでメールフォームを送ってもらうのにまた半日待って。
  9. チャットサポートの時間外だったので、翌日またメールフォーム入力からチャットまで進んで、何をするのかと思えば、メールフォームに入力したことをまたチャットで打たされて、手続き終了と。
  10. 削除処理には7日から10日かかるので、待ってねと。

2017年2月13日月曜日

スマホの通信契約

 現在のスマホの契約関係

  1. データ通信……nuromobail の 0SIM
  2. 音声通話……050 SMARTalk
  3. SMS……なし

 携帯電話番号(090,080,070)がなくても何とかなるかと思ったのですが、なりませんでした。

 ということで、ケータイ電話番号を再取得しようとおもいます。


 mineo か DMMモバイル

 そこそこつかえて、そこそこ安いとこを探した結果、この2つかな。両者の一般的な比較は下記サイトの記事がわかりやすかったです。



 さらに個人的には、アカウント管理がどうなるのか、という点。

 mineoで契約すると
  1. データ通信……新たにmineo(eo)のアカウントを取得しなければならない
  2. 音声通話……mineoだけだと通話料が高いので、楽天でんわやDMMトークをかますか、050を保持するか、プラス100円でララコールを利用するか
  3. SMS……音声通話に付属

 DMMモバイルで契約すると
  1. データ通信……艦これや電子書籍のためにDMMアカウントは持っているので、新たに取得するものはない
  2. 音声通話……DMMトークをつかえば通話料をおさえられるし、アカウントも増えないどころか、050をなくしてもいいので減らせる
  3. SMS……音声通話に付属

 ということで、低速回線での使い勝手やサービス、面白さではマイネオなんだけど、安さと個人的に管理するものが減って楽になるのはDMMモバイル。

 あとは、家族の契約も合わせて考えた場合にどうか、ですね。

2017年2月8日水曜日

Googleアカウント無効化管理ツール

 困った。携帯電話番号(090,080,070)をなくしたら、Googleアカウント無効化管理ツールが使えなくなってしまった。


 Googleアカウント無効化管理ツールとは

 自分が死んだらGoogleに預けてあるデータをどうするのか、を予め決めておけるもの。全部削除するのか、誰かに遺すのか、公開するのか。

 今いる家族はデジタルデータの扱いに慣れているわけではないし、そもそもパスワードが分からんだろうし。先々はおひとり様の予定だし。

 ということで、死んだら自動で全部削除してくれる、っていうのは有り難い。

 このGoogleアカウント無効化管理ツール、これがあるから、他の似たサービスをどんどんGoogleへ寄せてきたのに。それが、ケータイ番号がないとつかえない。


 ケータイ電話番号(090,080,070)がなくて困ったもの

 普通、ケータイ電話番号といえば音声通話もSMSもできるものを指すとおもうのだけれど、その音声通話の部分をなくして、やっていけそうだったのでSMSの部分もなくしたわけだけど、初めて困った。

 音声通話をなくして困ったもの
  • 電話の送受信 → IP電話の050でいいじゃないか
  • 電話番号を要求されたら → 050や実家の番号でいいじゃないか
  • 緊急通報 → Googleマップと050で最寄りの警察や消防から回してもらえばいいじゃないか

 SMS機能をなくして困ったもの
  • スマホ端末のアンテナピクトとセルスタンバイ問題 → モバイルバッテリーでねじ伏せればいいじゃないか
  • SNSの認証 → そんなSNS使わなければいい
  • 携帯電話番号(090,080,070)を要求するサービス → そんなサービスつかわなければいい
  • Googleアカウント無効化管理ツールがつかえない → 困る(イマココ

 なくしたケータイ電話番号をまた拾いに行かなければ。 


 リンク

2017年2月8日 執筆

2017年2月7日火曜日

ZenFone5

スペック ZenFone5
サイズ横幅72.8×高さ148.2×厚み10.34mm
重量145g
画面5型
メモリ(RAM)2GB
ストレージ(ROM)16GB
SIMカードスロットmicroSIMスロット×1
メモリースロットmicroSDXC (最大64GB)
バッテリー2,110mAh
カメラ背面800万画素
OS(初期)Android 4.4 (KitKat)
OS(2016年7月29日)Android 4.4.2
発売日2014年11月8日(日本)

感じたこと
  • もう少し大きくてもいいかも
  • プリインストールアプリが多い
  • カメラが残念
  • SIMやSDカードを挿すのに背面カバーを爪で開けるのが苦手
  • 明るいところで画面が見にくいかも
  • 値段は手頃で、値段相当
  • 雑に扱える
  • 入門機にはいいかも

その他
  • iPhone3G→4→4Sまでつかってきて、初めてのAndroid端末
  • 2014年12月から2016年6月まで使用
  • 2017年2月、家族のおもちゃに

リンク

2017年2月6日月曜日

0SIM

考えたこと

 スマホの維持費を安くしよう。

 スマホをほとんどWi-Fi環境下でしか使わないし、そうでない所では最低限必要な連絡の送受信だけ出来ればいい。

 アンテナピクト・セルスタンバイ対策と、SNSの認証のために、「データ+SMS」プランで契約していたが、そのためだけに月額150円で、音声通話のできない、電話と言いがたい電話番号を保持するのは、費用対効果として、どうなんだろうかと思い、「データ専用」プランに変更した。

 アンテナピクト・セルスタンバイ問題は、モバイルバッテリーでねじ伏せることも可能だろうし。SNS認証のために契約しつづけるということは、そのSNSの対価利用料として月額150円が妥当かというで、そこまでしなくてもいいかな。


感じたこと

 月の利用が500MB未満なら、利用料が0円。スマホの利用がWi-Fiメインで、それ以外の所では必要な連絡の送受信や、ちょっとゲームをする程度なら、この容量でも足りる。

 速度は、最初は速いんだけど、だんだんと遅くなっていく印象。

 難点は、プラン変更時に解約→新規契約という手順になるので、新しいSIMが届くまでに空白期間が生じること。

 登録退会の手続きはシンプルでストレスがないのでよい。


リンク

OCNモバイルONEプリペイド1.0GB

考えたこと

 現在スマホに挿している「0SIM」のプランを変更をするにあたって、旧SIMを解約してから新SIMの新規申込みという手順を経るため、新しいSIMが届くまでに空白期間が出来る。その間のつなぎとして。

 また、つなぎの期間が過ぎれば、使っていないスマホ(ZenFone5)とセットにして、まだスマホ未体験の家族に、お試しとして使ってもらおう、と。

 期間限定で使えればいいので、プリペイド式のSIMを選択。

 また、スマホ未体験の家族が長くお試しできるように、プリペイド式で期間の長いものを選択した結果、「OCNモバイルONE」の「プリペイド1.0GB」となった。


感じたこと

 ウェブで情報を収集し、通販で購入したため、実際のパッケージを確認せずに購入した。

 その結果というわけでもないが、手元に届いてから開通手続きに電話をかける必要があることを知る。

 また、登録手続きにおいて強制的に新規メールアドレスが発行される。

 ケータイ番号を手放しているし、要らんもんは要らん主義なので、この2点が面倒で、グダグダしている間に新しい「0SIM」が届いた。結果、出番という出番がないまま御役目を1つ終了した。

 使うも使わないも、家族にまかせようと思う。


リンク

2017年2月1日水曜日

Nexus6P

スペックNexus6P
サイズ横幅約77.8×高さ約159.3×厚み約7.3mm
重量約178g
画面5.7インチ
メモリ(RAM)3GB
ストレージ(ROM)64GB
SIMカードスロットnanoSIM×1(抜き挿し画面上向き)
メモリースロットなし
バッテリー3,450mAh
カメラ約1230万画素
OS(初期)Android™ 6.0 Marshmallow
発売日2015年11月6日(ソフトバンク)


考えたこと

  • 前の端末が、プリインストールアプリが多くてうんざりしたので、プリインストールアプリの少ないものを
  • 前の端末の画面が5.0インチで、だいたいの電子書籍は大丈夫だったのだけど、一部、精緻なマンガが読みにくかったので、もう少し画面サイズの大きなものを


感じたこと
  • 重たい
  • 片手では大きい
  • でも電子書籍は読みやすい
  • 滑りそう
  • 雑に扱えない
  • 指紋認証は便利


リンク