スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

バリカン

復活した。
引っ越してきてから転々としたけど、気に入った散髪屋が見つからず。
バリカン自刈りに復帰。


買ったのはまたもやフィリップス(PHILIPSQC5572/15)。
他のも見比べたけど、自動研磨&水洗いでメンテナンスが楽なので。
刈る時にコードがあると使いにくいので、充電してコードレスで使えるタイプ。

収納はセリアで買ったコードクリップとクリアポーチを採用。
以前に使っていたものには収納ポーチも付いていたんだけど、今回はなかった。

ちなみに以前に使用していたものには刈り方のビデオテープなんかも付属していた。
10年くらいは使っていたんじゃないかな。

さて、刈り方はパンイチ風呂場に新聞紙を敷いて、なんだけど、もっと寒くなくて後始末が楽な方法はないものか?

18春イベに向けて

更新2018年04月19日 新規艦がレベル80を超える(日振、 ジャーヴィス、ガンビア・ベイ、大東、浜波、タシュケント、イントレピッド、アイオワ)。 作成2018年03月20日 やることが多すぎて、ちょっと整理しないと、どうしていいか分からない。


●練度(レベリング)
新規艦をレベル80に駆逐改の底上げ、レベル80に駆逐改二の底上げ、レベル95に重巡軽巡の底上げ、レベル95に軽空母、瑞鳳、千歳、千代田の2隻目ほしいできたら木曽や金剛型の2隻目も欲しい
●改修
戦闘機
月木 サラ F4F-4→F6F-3(零式艦戦32型×1、零式艦戦52型×2)火〜木 サラ F6F-3→F6F-5(零式艦戦52型×12、紫電改二×6)×2火〜木 サラ F6F-5☆max(紫電改二×12、烈風×4)×2木〜火 赤城 加賀 零式艦戦21型(熟練)☆max(零式艦戦21型×24)×3木〜火 赤城 加賀 零式艦戦21型(熟練)→零式艦戦32型(熟練)☆3(零式艦戦21型×24、7.7mm機銃×3)×2毎日 大鳳 零戦52型丙(六〇一空)☆max(零式艦戦52型×12、天山×8)×2
爆撃機
月〜金 鈴谷 熊野 零式艦戦63型(爆戦)☆max(零式艦戦52型×18、烈風×4)×2金〜月 隼鷹 翔鶴 零式艦戦62型(爆戦)→零式艦戦63型(爆戦)(零式艦戦52型×12、彗星×8、烈風×1)
陸戦
月〜金 あきつ丸 神威 一式戦 隼II型→一式戦 隼III型甲(九六式艦戦×6、零式艦戦21型×8、12.7mm単装機銃×3、新型航空兵装資材 × 1)月〜金 あきつ丸 春日丸 神威 一式戦 隼III型甲☆max(零式艦戦52型×18、烈風×8)月〜水 赤城 加賀 紫電一一型→紫電二一型 紫電改(零式艦戦52型×12、瑞雲×8、紫電改二×2)
小口径主砲
月〜木 夕立 江風 12.7cm連装砲B型改二☆max(12.7cm連装砲B型改二×4)×2毎日 長波 12.7cm連装砲D型改二☆max(10cm連装高角砲×12、12.7cm連装砲C型改二×4)×2毎日 秋月型 10cm高角砲+高射装置☆max(10cm連装高角砲×8)×4
中口径主砲
月木 夕張 14cm連装砲☆max(14cm連装砲×4)×2毎日 阿賀野 能代 矢矧 15.2cm連装砲→15.2cm連装砲改(15.2cm連装砲×4、22号対水上電探×1)×…

十三トミータウン

前の看板がどんなやったか思い出せぬ。

『必要十分生活』

自費出版のようなKindle出版から紙の出版につながったという本を、紙で読んだ。

毎日水回りを掃除するというのには脱帽。
毎週でも、するようになったのですよ。

ライフスタイルは人それぞれで家族でも異なるというのは、そう思う。
掃除するようになったのも、他の家族がするまで待っていたら、自分が耐えられないからだし。

ストックが無駄になったりストレスになるという話はノートやメモ帳でやらかす。
予備がないと使い切って無くなった時が不安でガシガシ使えないからと、使用中のとは別にもう1冊くらい備えるのだけど、使い切ったら紙幅が足りないとA4コピー用紙ブームが来たりね。

携帯性や振り返りや通して見れないとかでまたノートに戻ったりするんだけどね。
それでも2冊とか3冊とか予備を置くことはなくなって、使用中ともう1冊にとどまるようになったけど。

あとは服。
私服の制服化をもくろんで、同じ服を複数そろえようとして、なかなか上手くいかないのは、「とりあえずこの服でいいか」があかんのかね。
頭を使わないようにするのはローテーションというシステムだけでよくて、ひとつひとつは気に入った物で揃えていこうかな。


たっく『必要十分生活』大和書房 2015年05月31日

『にがくてあまい』

7巻でとまっていたのを、8巻から13巻まで一気に

まとめ買い『にがくてあまい』Kindle版

今回買った8巻からはカバー裏とかもデータに入っていて、ならば以前に購入した1巻から7巻にもデータの更新が来ているか?と、思ったのですが、来てなかった。

ちょっとしょんぼり。

これ読むと料理したくなる。

グリーン

この日のテーマはボレー


#10 グリーンのドリル1 → https://youtu.be/2veYkQ-JJf8
ウォーミングアップ 1 ボレー&ボレー・バドミントンボレーほか

9歳以上
挨拶は子供を指名方式。

ボレーボレー
フォアバック交互 自分が動く
競争、どっちが長く続けられるか 罰ゲーム カンガルージャンプ3回

バドミントンボレー
タッチ 前後の動き
面は必ず上向き スマッシュやハードヒットはなし ポイント7P先取 買った者同士で決勝戦

バレーボールボレー 2対2
ある程度したらポイントに移行 7P先取

ペアで30秒間に何回ボレーボレ−が出来るか
速いボールに反応するリアクションスピードの開発
サービスラインとネットの中間、ネットよりに下がってはいけないラインを引く
負けたペアは罰ゲーム カンガルージャンプ3回



#11 グリーンのドリル2 → https://youtu.be/o-xhvfoV0Lc
ウォーミングアップ 2サーブをボレー・パッシングをボレー

サーブをボレーする
サービスラインとネットの中間、ネットよりにボレーが下がってはいけないラインを引く
ボレーはさわればポイント 1ボレー対のこり3サーブ1球1ポイントで1人3球
負けたら罰ゲーム ラケットジャンプ

球出しからのパッシングショットをボレー
サービスラインとネットの中間、ネットよりにボレーが下がってはいけないラインを引く
ロブ禁止 パスの後はポイント 打ちっ放しにしない
ボレーがチャンピオン 3P取ったらチャンピオン



#12 グリーンのドリル3 → https://youtu.be/-N3HEVLED0s
戦術トレーニング

クロスラリーから浅くなったボールをストレートにアプローチしてポイント
勝ったらもう1人 負けたら交代

クロスラリーから相手をサイドに追い出して前に
戦術 判断力を養う 予測
人数が少なければポイント戦 7P先取(多ければチャンピオンとチャレンジャー)

ボール拾い1人20球 足りない分は罰ゲーム(ブロイラー?)
(罰ゲームという言葉は使わない)



#13 グリーンのドリル4 → https://youtu.be/iLuAh5Nt_8w
子供たち同士だけでダブルスの試合

15-15から、ファーストが入ったらネットダッシュというルールで
ストロークばかりになりがちなのを…

オレンジ

#07 オレンジのドリル1 → https://youtu.be/dVtaE3BlEbg
ウォーミングアップでコーディネーション能力のトレーニング

7歳以上の子が対象

ウォーミングアップ

ボレーボレー 3コース
トラップして足の下から打ち返す 反対の足の下から打ち返す
コーディネーション能力のトレーニングには利き手ではない方の手を使うのが大事
競争、どのペアが早く6回続くか
トラップして背中から打ち返す 届かなかったら?距離を縮める

サービスラインまで下がって
ミニラリー フォアバック交互
ゴールを設ける 12回続ける アウトは切る
片側スピン、片側スライスだけ 入れ替え

1時間でメニュー3つくらい、あまり多くやりすぎてもパニックになるので、同じメニュー内で制限を設けて変化をつける。同じテーマで刺激を変えていく。

ハーフボレー
片側ノーバウンド、片側ノーバウンドとハーフボレーを交互に 6回続いたらチェンジ



#08 オレンジのドリル2 → https://youtu.be/BipFZvIspZI
技術の開発 1 一列でフォアハンド・二列でフォアとバック

一列でフォアハンド
1球目をコーチに、コーチが打ち返したボール(ライブボール)をオープンコートの的に。リカバリーを必ず
球出しだけで打ちっ放すのではなく、1球でもいいからライブボールを入れる
子供たちにまず伝えたいのが精度、コントロール

ボール拾い 1人20球 足りない分は罰ゲーム(ラケットジャンプ)

二列でフォアとバック
最後のボールを打った後、列の外側に抜けて終わるのではなく、列の内側に戻って終わる
フォアの列はフォアだけで何周かする、反芻できるように。6周したらチェンジとか

ボール拾い 1人20球 足りない分は罰ゲーム(ブロイラー?)



#09 オレンジのドリル3 → https://youtu.be/UXSukKLnVxo
技術の開発 2 クロスコートだけで試合

フォアのみ
チャンピオン側は負けたらチャレンジャーと交代 勝ったらもう1回で2回まで。2回終わったら後ろと交代

制限を設けることで、そのためのフットワークやポジショニングなどが開発される。

Play+Stay のよいところは、子供たち同士でラリーが出来るようになると、コーチは色んなところから見たり指導することが可能になる。

バックハンドだけ
球出しは…