スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

伊勢改二と黒潮改二

地震におびえながら。

伊勢と黒潮に改二がきたけれど、合わせて設計図を3枚要求されていて、手持ちは2枚。
どっちからにするか、海防艦の任務をこなしながら情報待ち。


どうやら黒潮ルートのが勲章をもらえそう。
ということで黒潮から改二に。


5-3が1番あっさり、4-2と3-2の羅針盤に翻弄されながら任務を進め、設計図につかった分の勲章を補充。
伊勢を改二に。


ぼーっとしていたら任務を受け忘れて、6-5でS勝利を4回するなどして、終了。
ようやっと日常に復帰できる。

5-3

●黒潮改二の任務(旗艦に黒潮、陽炎、不知火、いずれか。練度75以上の甲型駆逐艦を2隻)

陽炎 主砲、電探。
ローマ 主砲、紫雲、強風。バルジ
鈴谷 3号砲、水戦。8cm+
神通 15.2改、夜偵。
長波 D砲、三式爆雷集中。
浦風 先制対潜。

※高速統一、戦艦1隻以下&(重巡+航巡)1隻以下、駆逐艦2隻。逸れることあり。
ルート……A→C夜斜→D夜斜→E逸れ縦、F夜斜、I気のせい→Kボス潜水入り複縦陣

道中支援……金剛、比叡、山城、蒼龍、朝潮、タシュ。主砲×電探
決戦支援……スパ子、霧島、扶桑、飛龍、夕立、綾波。もっぱら主砲


CarryMeの輪行

1か月点検の帰りに初めての輪行。

使用したのはローロサイクルワークスの背負える輪行袋 第2弾「doesnotmanufact CM Backpack(仮名)」
入れるのに苦戦した。
かなりきっちり入れないと閉まらない。
ハンドルもきっちり下げて、ライトも付けっぱなしではなく外した方がいいかも。

バーエンドとか、ギドネットブレーキにしたら、収まるのだろうか?

慣れもあると思うけど、背負うと不思議な重量感覚で、周りに気をつかう。

乗っている間は座って足の間に。
大きさはテニスのラケットバッグ6本入りくらいの体感で、気にならない。
ただ不安定なので、片手で持っていないと不安だった。

CarryMeの点検

キャリーミーの購入後1か月の点検。 バックホーク下のネジが緩んでいたくらい。 路面が凸凹のところで前の方でカラカラ音がするのは大丈夫か?と質問したら、ハンドルが上がりきっていなかったので、それで鳴るんじゃないか?との回答。 帰り道、上げきったハンドルでもカラカラ音が聞こえたので、これはまた確認かな。

夏イベに向けて

●練度(レベリング)
新規艦をレベル80に駆逐改の底上げ、レベル80に駆逐改二の底上げ、レベル95に軽巡の底上げ、レベル95に
●開発
・洋上補給 工作 戦艦 重巡
10/30/90/10 九一式徹甲弾
10/90/60/30 三式弾
10/90/90/30 九一式徹甲弾・三式弾(榛名)
10/251/250/30 戦艦主砲も一緒に

・艦載機の改修
空母 20/20/10/90 艦戦 烈風あり
空母 20/20/10/70 艦戦 烈風なし
空母 20/60/10/100 流星改や天山もまだ要るので先にこっちかな


●大型艦建造
ザラ 01:10 3,000/4,500/4,500/2,000 秘書艦リベ

●改修
戦闘機 火〜木 サラ F6F-3→F6F-5(零式艦戦52型×12、紫電改二×6)×2戦闘機 毎日 大鳳 零戦52型丙(六〇一空)☆max(零式艦戦52型×12、天山×8)×2中口径主砲 金〜月 最上 大淀 15.5cm三連装砲→15.5cm三連装砲改(15.5cm三連装砲×6、新型砲熕兵装資材×1)×2機銃 金〜火 伊勢 日向 12cm30連装噴進砲→12cm30連装噴進砲改二(12cm30連装噴進砲×14、25mm三連装機銃×3、戦闘詳報×1)×4魚雷 毎日 大井 北上 61cm四連装(酸素)魚雷☆max(61cm四連装(酸素)魚雷×4)×20~30ソナー爆雷 毎日 神風 占守 九五式爆雷→二式爆雷(九五式爆雷×14)×6〜12水戦 金〜日 瑞穂 二式水戦改→強風改(零式艦戦21型×12、零式水上偵察機×8、瑞雲×2)×3上陸用舟艇 毎日 龍田 鬼怒 大発動艇☆8(ドラム缶×6、7.7mm機銃×2)×3戦闘糧食 毎日 長波 おにぎり☆6(戦闘糧食×6)ネジ+1
●改装設計図待ち
龍鳳、天城改。(未入手Zara due)


ゲームスタート 2016年08月11日
ゲームリリース 2013年04月23日
「艦隊これくしょん-艦これ-」 http://www.dmm.com/netgame/feature/kancolle.html

CarryMeの整備グッズ

キャリーミーの整備グッズを無印良品のポリエチレンの(商品名が分からないの)に入れいています。↓


工具とウエス、オイルと軍手。


●ウエス
ペーパーウエスをいくつか使ってみたけど、日本製紙クレシアのワイプオール X70 に落ち着きました。
薄くて両面つかえる優れもの。

●オイル
前のママチャリは外に置いてあったので、整備も外だったのだけれど、キャリーミーは室内保管しているので、整備も室内。

愛用していた呉556はスプレーなので、室内ではちょっと。

ということで、洗浄と注油が1本で済む FINISH LINE(フィニッシュライン) の1ステップクリーナー&ルブを試してみることに。

CarryMeのテールライト

キャリーミーの後ろライトの位置を下げました。↓


以前はデフォルトのリフレクターの位置に合わせて付けていたのだけれど、どうにもおさまりがわるくて。↓


下にすることでサドルの影から出て日光浴できることが増えたのでは?
CMのロゴを隠しすぎない程度の位置で、サドルとも対になる感じに近づいたし、こんなもんかな。↓


●商品情報
CAT EYE(キャットアイ) テールライト TL-SLR200N 太陽電池ソーラー充電式 JIS規格適合リフレクター

ソーラー充電で充電の手間を、自動点灯で点灯の手間を省いてくれる素晴らしい商品。

ものぐさなので、ちょっと暗くなってきたなと感じても、自転車を止めてライトをつけるというのが面倒で、ライト点灯をサボりそうな自分にはありがたい。

リフレクター兼用なので、電池切れの際にも反射材として機能してくれる。

取り付けは、バックホークがちょっと細かったので、ホームセンターで厚さ1mmのゴムシートを購入して、それを巻いた上に取り付けた。

電池交換はニッケル水素ボタン電池(GP40BVH)