2017年9月22日金曜日

スマホのOSアップデート

2017年09月22日 更新
2017年09月22日 作成

今月のはじめ頃に手持ちのNexus6PへAndroid 8.0 へのアップデート(バージョンアップ)が来ました。

iPhoneを使っていた頃は、慎重だったのですが、Androidになってからは適当で、通知がきたら何も考えずにポチッと更新していました。

そしたら、あれ?あれ?ってことがあったので、次回に備えて書いて置きます。


設定を確認しましょう

買ったらまず設定をいじるのですが、OSのアップデートがあったときも確認しましょう。

APNの設定がリセットされていて、あれ?ネットに繋がらなくなった!とか思っちゃったよ。

あとは音量の設定が変わっていて、着信に気づかないボリュームまで下がっていたりとかね。

一通り確認したほうがいいね。


ググりましょう

新機能や変更点を把握しましょう。親切な説明書とかないしね。

で、この新機能の1つ、ピクチャー・イン・ピクチャー(PIP)は、どうやったらオフにできるのかね?

マップからほかのアプリに切り替えても、画面に常駐していて、タップしたい場所からどかすのが面倒なんですけど。


問い合わせましょう

端末→設定→サポートから問い合わせたところ、設定→アプリと通知→特別なアプリアクセス→PIPから個別にオフにできました。

2017年9月21日木曜日

シェーバーの電池交換

2017年09月21日 更新
2017年08月01日 作成

シェーバー(ブラウンのM90)に最初から付属していた電池がなくなったので、エネループに交換しました。

どれくらい保つのかを記録して、だいたい分かれば予定に入れようとおもいます。

2017年09月21日→エネループ
2017年07月31日→2017年09月21日 エネループ
2017年06月04日→2017年07月30日 買ったら付属している電池

2017年9月20日水曜日

アフターサービス

ふと気づいたらスマホの画面の端が浮いてきていました。

あわててググってみると、どうやらバッテリーの膨張が原因っぽい。


Amazonで見ると交換用バッテリーが販売されていて、自分で交換される方もいるようなのですが、まだそこまでDIYする気はないし。


かといって、バッテリーが原因でスマホが発火というニュースを見かけることもあったし、放っておくのは不安。出来れば速く対処したい。


ということで、購入したネットストアへ連絡したら、出来ることはないから製造元へとたらい回し。

メーカであるHuawei(ファーウェイ)に問い合わせると、郵送でやりとりするか、カスタマーサポートの店舗へ持ち込んでくれ、とのこと。

持ち込み修理受付 | ファーウェイお客様サポート

店舗は東京の銀座と、大阪は梅田の第2ビル1階にあるというので、梅田まで行くことに。

修理に1時間から1時間半かかるというので、大坂城などをチャリでふらふらして。

即日、きれいに直ったスマホを持って帰れたのでした。


保証期間をすぎていたのでお金はかかりましたが、スタッフの方からはオフレコだろうなという話が聞けたりして面白かったです。

(スタッフ3人中2人が中国の方でした)


定期的にメンテナンスで持ち込む習慣のせいか、車やバイクはその後の付き合いも考慮して買うとこを決めたりしているもんだけど、最近の買い物ではどうも失敗している感がぬぐえない。

自転車とかね、あとの付き合いを想定していなかったし。


アフターサビスとは(Wikipedia)、販売した商品の修理・メンテナンスについて、販売者が購買者に一定期間提供するサービス。英語ではcustomer service, user support, aftersales serviceともいうそうで、カスタマーサービスやユーザーサポートのがよい言葉じゃないか。

アフターのサービスって、事後に、いらんけど、好意でしてあげているという感じがして、よくないね、客側からすると。しかも一定期間。


買ったあとの付き合いや、それを表現する言葉遣いにも注意した、買い物上手になりたいものだと、そんなことを考えました。

2017年9月15日金曜日

バスケットブラケット


自転車の前カゴを取ったときに残ったステー、バスケットブラケットがやっとこさ取れました。


ワイドな開き幅のモンキーレンチ自転車用の板スパナと、工具を買い足して、やっとこさですよ。

この円の中のちょぼっとした突起、こいつを知らなかったせいで苦戦した。1枚1枚、つかう工具が違ったり、外し方が違ったり、1度経験してしまえば何てことはないが、面倒くさかった。


ま、その過程でステム(臼)の固着も取れて、抜き差し出来るようになったので、ステム交換からのハンドルまわりをイジれますね。

2017年9月12日火曜日

夏イベ17

艦これの夏イベントが終了しました。

(ちょうど昨年の夏イベ中に着任したので1年たって2年目に突入ですね)

E1甲、E2甲、E3甲、E4丙、E5乙、E6丙、E7丙で攻略。

17春イベで初の甲勲章をとって(オール甲)、それで味をしめたのか、甲で攻略するのが楽しかったのですが、E4甲戦力ゲージ2本目で札の切り方が甘く、火力不足に。

E5だけ陸攻をとりにいって、あとは攻略よりも堀りにシフトしました。


今イベントで新規に実装されて着任した艦、6隻。
 狭霧(E2甲Qマスでギミック確認中1周目)、天霧(E4甲戦力1攻略4周目)、リシュリュー(E4報酬)、松輪(E5乙攻略2周目)、ルイージ(E6丙輸送4周目)、アークロイヤル(E7報酬)。


今イベントで新たに着任した艦、8隻。
 速吸(E3戦力攻略6周目)、ローマ(E6丙輸送17周目)、アクィラ(E6丙輸送ラスト32周目)、嵐(E7丙攻略3周目)、萩風(E7丙掘り中15周目)、グラーフ(E7丙掘り58周目)、ウォースパイト(同じく59周目)、リットリオ(E5丙掘り69周目)。


今イベントで掘り残した艦、4隻。
 照月、ザラ、ポーラ、プリンツ。


今イベントで消費した資源、おおまかに。

 燃料 12万6千→6千=▲12万
 弾薬 13万→2万=▲11万
 鋼材 29万→24万=▲5万
 ボーキサイト 16万→12万=▲4万


今イベント終了時点での未着任艦、7隻。
 プリンツ・オイゲン、雲龍、葛城、照月、アイオワ、ザラ、ポーラ。

今イベント終了時点での改装設計図待ち、6隻。( )はまだ練度が足りないもの
 大潮改二、荒潮改二、鈴谷航改二、(熊野航改二)、(Italia)、長門改二、龍鳳、天城改。
 ローマはリットリオお迎え旗艦にしていたら、レベルが足りていたので、いらっとしたときに設計図をつかった。


参考にしたサイト

 攻略 Wiki夏イベント2017前段作戦E1~E4後段作戦E5~E7)、艦これまとめあんてなから各まとめサイト、甲攻略中にはぜかましねっとさん、しぐ☆ぴよさん、難易度をおとしてからはあ艦これ日和さんを主に参考にしました。


まとめ

並び順や攻撃順を少し変えるだけで楽になることがある。

改修は大事、とくに甲では。火力がわずかに足らず、撃沈しきれなかった艦へ、次の一手が吸われるのは、避けたい。


イベント開始して、数日は情報を待ち、全体でつかう艦の仮組みができたら、出来るだけ速く攻略して、出来るだけ早く掘ること。

8/10にイベントが開始、8/13にイベント突入。
8/27頃にE7到着、攻略しようとしたが、ちょっと掘って、9/2に攻略。
9/4にウォースパイトとグラーフが掘れて、残るはリットリオ、ザラ、ポーラ、プリンツ、照月で、まだ1週間あるし、これは掘りきれるのでは?と、期待するも、最終9/12までリットリオがねばって終了。

(イベント期間4週間のうち、2週間を攻略に、2週間を掘りに費やしたわけか)

道中マスよりもボスマスでの掘りを優先したけど、それで来てくれたわけだし、よかったと思いたい。


さてまた秋イベに向けて、資源を増やしつつ、レベリングしつつ、改修しつつ、改装設計図を集めながら、単発任務を消化して行きましょうかね。

(いつになったらやることが減るのか)

2013年4月23日 リリース
2016年8月11日 着任

2017年9月9日土曜日

汚水管の洗浄とチェック

週末いつもの水回りの掃除をスキップして汚水管の洗浄をしました。


といっても、マイナスドライバーをつかって汚水管の蓋を順に開けていき、そこから見える範囲を目視して、ホースで水を流すだけの簡単なものなんですけどね。


引っ越てしきて早々に、汚水管がつまるトラブルがあり、その時の原因はフタのパッキンが下に落ちていたからなのですが、それから定期的にフタを開けて水を流しています。

定期的に見ていると水回りのどこの掃除が足りていないのか、分かりますしね。


最初は非常にめんどうくさかったのですが、細くて長いホースを買ってからは、この作業がかなり簡単になりました。

家の汚水管が、北側の東端からはじまり、西側を通って、南へ抜けていくのですが、長いんですよね。

で、ホースをつなぐ水栓が北と南に2箇所あるのですが、つなぎ変えるのが面倒くさかったんです。

バケツで一箇所ずつ回る気もしませんし、とくに夏場は。

ひとつの水栓につないだままホースを伸ばして回れることが、すごく楽。

長いホースはいい!

でも普通のホースで長さがあると、けっこう場所をとるのと、重たくて取り回しにくいのです。

そこで細くて長いホースです!超コンパクト!

購入前はホースにこの値段?という感じだったのですが、これはよかった。



最近ではコウモリの狙撃にも役立っていますしね。


(家をどうにかすることがあれば、そもそもの汚水管の長さも短くなるように水回りを配置したい。長いと、その途中でトラブルが起きる可能性も高くなるんじゃないかな?)

2017年9月8日金曜日

泥よけ

自転車の泥除けを外しました。


以前、前のフェンダー(泥よけ)だけは外したことがあったのですが、家にある工具、モンキーレンチ1本だけでは後ろは外せませんでした。

そこで、ダイソーで8mmのスパナを2種類、購入して、リベンジできました。


泥よけを付けっぱなしというのは、晴れた日にも雨傘を持ち歩いているようなものなので。

家を出る時に雨が降っていたら乗らないし、出先で降りそうなときだけ着脱式のフェンダーをつければいいかな、と。


Zefal(ゼファール) のスワン ロードを、リアだけ備えておきました。フロントはまた必要性を感じたときにでも。


だいぶ、元の面影がなくなってきましたね。