2017年5月19日金曜日

スマホ

iPhone3G、同4、同4S、ZenFone5、Nexus6Pと、スマートフォンも五代目になりました。

だんだんと自分の好みも分かってきたのでまとめていきます。


SIM(ロック)フリー端末

キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の二年縛りや端末代金を抱き合わせた料金プランが煩わしいので。

端末と通信契約を分けて、SIMフリー端末と格安SIMサービスを自分で組み合わせられるのが好みです。


Android(アンドロイド)

Gmail(ジーメール)など、もっぱらGoogle(グーグル)のサービスを利用しているので、OSがAndroidの端末だと、端末の利用も、サービスの利用も、どちらもGoogleのアカウント1つで共通して済むから。

iPhone(アイフォーン)だと、端末の利用にApple(アップル)のID。Googleサービスの利用にGoogleのアカウント。と、端末の利用とサービスの利用に、それぞれ別のアカウントを2つ用意して管理しないといけないので、面倒くさい。

パソコンがWindowsから離れてChromebookになっているので、Windows phoneはなしだし、Chromebook(パソコン)がGoogleで、Android(スマホ)もGoogleなので、パソコンとスマホの同期もばっちりで言うことなし。


純正(ピュア)Android

端末メーカーの主張が強いのは、プリインストールアプリが多いのは嫌い。自分には不要なものが削除できずに在り続けるというのは、イライラする。

なのでGoogle純正のNexusやPixelが一番、純正だとアップデートも確実だし。

だけど最近のGoogleさんは、Appleさん的な収益構造もがっちりつかみにかかっているのか、値段がiPhone並みに高くなっているのが難点。

あんまり要らんもんは入れてませんよ、とピュアAndroidを謳っているMotorola(モトローラ)の端末はつかってみたいし、落とし所かもしれない。

(広告以外の収益もがっちりしていないと、Chromeに広告非表示なんて話はでないと思うしね)


指紋認証

これはもう離れられない。スマホの中には自分の大切なデータも他人様の連絡先なんかも入っているわけで、ロックはかけなきゃならんとは思うのですが、ロックをかけると利用する度にいちいち解除するのが煩わしいんですよね。

それが指を合わせるだけで解決できるという。素晴らしい。


5.0インチ145g、5.2インチまで

片手で操作しやすい大きさと、常に持ち歩くのに負担とならない軽さがよいと思いました。

読書端末も兼ねて大型化したのですが、重たいし、読書端末としては使えるけど物足りないしで、帯に短し襷に長しとなりました。

スマホは色んなことが出来るけど、メインは電話やメール(チャット)などの連絡を取り合えることで、あとの機能はサブとして割り切らないと迷走しますね。

読書端末はKindleやタブレット、カメラもコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)、文書管理やスケジュールはパソコン、ゲームはゲーム機、電卓にタイマーも、それぞれしっかりつかう場合はメインを引っ張り出すことにします。

ZenFone5の外身プラスチックは扱いやすくて好きでした。中身はハイエンド、でも外身はチープが雑に使いまくれてよいと思います。ZenFone5のは、あれはもうちょっと剥がしやすいと嬉しいのですが。


スペックNexus6PZenFone5Wikipedia
サイズ横幅約77.8×高さ約159.3×厚み約7.3mm横幅72.8×高さ148.2×厚み10.34mm
重量約178g145g
画面5.7インチ5インチ
メモリ(RAM)3GB2GB
ストレージ(ROM)64GB16GB
SIMカードスロットnanoSIM×1
(抜き挿し画面上向き)
microSIMスロット×1
メモリースロットなしmicroSDXC (最大64GB)
バッテリー3,450mAh2,110mAh
カメラ約1,230万画素背面800万画素
OS(初期)Android™ 6.0 MarshmallowAndroid 4.4.2
発売日2015年11月6日(ソフトバンク)2014年11月8日(日本)

2017年5月18日木曜日

パソコン

2015年の4月からパソコンはChromebook(クロームブック)をつかっています。

ちょっとタイピングがしにくいな、とか。
艦これするとうるさいな、とか。

多少の不満はあるけれど、Windowsには面倒くさいのでもう戻りたくないと思うくらいには、満足しています。

ということで、おかんにも。

2014年にタブレットをプレゼントして、メールはおぼえたものの、もっぱらスポーツ新聞になっているので。ちゃうねん。もっとGoogleドキュメントで料理レシピや新聞の切り抜きを整理したり残したり、Googleカレンダーに記録したり生活リズムをつくったり共有したりとか、してほしいねん。

でもそれにはタブレットではなくてパソコンをわたすべきだったかな、と反省もしていたり。

タブレットはどうしても書きにくいし読みやすいから、書かずに読むようになるよね。

ということで、

ASUS(エイスース) Chromebook Flip 10.1インチ 2GB 16GB

これならAndroidアプリにも対応しているし、360度開閉式ヒンジでタブレットのようにも使えるので、タブレットからパソコンへ移行するのがスムーズだとおもう。

でも実際に買うのはもうちょっと後かな、買い物の優先順位的に。


覚え書き

現在使用中のパソコン

 DELL(デル)のChromebook11(11.6インチ 4GB 16GB)


その前に使用していたパソコン

 Panasonic(パナソニック)のLet's note(レッツノート CF-S9 12.1インチ 4GB 500GB キーピッチが横19mm 縦16mm)

2017年5月8日月曜日

格安SIMサービス

SIMの返却

 SIMを返却しないと3,000円ほど請求しまっせ、という所もあるので。

 100円ショップでクッション封筒を買って(108円)、郵便局の「ゆうパケット」で返送先に送る(250円)。

 ゆうパケットには追跡サービスがあるので、「送った」「送らなかった」と問題になったときに安心かも。

 以下は通信契約をむすんだことのある格安SIMサービス。


ヨドバシ&ワイヤレスゲート 2014年12月から2016年6月まで

 ソフトバンクとiPhoneから、Androidへ移行したときに使用。パソコンの無線LANでお世話になり好印象だったので。

 プランはデータ+SMSを利用。

 データ通信だけにしたのは、ケータイ番号(090,080,070)がなくてもIP電話番号(050)で何とかなるんじゃないかと考えたのと、SMSをつけたのは端末のアンテナピクトとセルスタンバイ問題を回避するため。

 あとは 低速 定額 無制限 という特徴があって、これはとても使い勝手がよかった。

 月々の支払いは632円。

 黎明期からPHSとケータイでドコモに、iPhoneではソフトバンクに貢ぎ続けてきて、うんざりしていたので、とにかく安くしたかった。

 iPhoneからAndroidに転向したのは、iPhoneでつかっているのがほとんどGoogleのサービスだったので、それならAndroidにすれば、AppleとGoogleのアカウント2つから、Googleのアカウント1つに減らせて管理が楽になるし、AppleとGoogleで入力フィールドが異なる同期に煩わさられることもなくなるしで、いいんじゃないかと。

 iPhoneを3Gから4Sまで三代つかっている間に、Android端末の使い勝手もよくなってきているようだったし。



nuroモバイル(旧So-net)の0 SIM 2016年の7月から2017年2月まで

 調子に乗ってもっと月額利用料金を下げようとして見つけたのがこちら。

 ヨドバシ&ワイヤレスゲートと同じプラン(データ+SMS)で、月々の支払いが163円と、さらに安くなった。

 ここまで来たらもう少しと、SMSオプションを外して、データのみのプランに変更した。

 月々の支払いが0円になった。もうこれ以上は無理である。

 ただし、料金以外に目を向けると、使いものにならないくらい遅い。Wi-Fiでの利用がメインで、かろうじて連絡を取り合えるくらいか。

 そしてSMSオプションを外したのはまずかった。

 音声通話ができなくても、SMS(ショートメッセージ/ケータイ電話番号)があれば出来た認証やGoogleのアカウント無効化管理ツールが使えなくなったのだ。



DMM mobile 2017年3月から現在まで

 音声通話プラン(データ1GB)で月々1,362円。

 ケータイ電話番号がないと困ったのと、データ+SMSで安くなるように工夫してもよいのだけれど、手間暇かかるし、人と違うことは説明するのが面倒くさいしで、ふつーに音声通話プランにした。

 安かろう遅かろうだと使いものにならなかったので、そこそこ安い料金プランと、そこそこの速度で探すと、mineo(マイネオ)とDMM mobile が候補に。

 mineoの低速無制限にはかなり心をひかれたのだけれど、mineoだとまた新しく管理するアカウントが増えるのが難で、艦これで既にアカウントを持っているDMMに軍配があがりました。

 DMMにはアカウントを増やさなくても通話料半額のDMMトークがついてくるし、050のアカウントも減らせて、満足です。

 Amazon限定のエントリーパッケージを買えば最初の契約事務手数料(3,000円)も免除されますし。

2017年5月2日火曜日

ガット(ストリングス)

久しぶりにガットを張り替えました。

バボラのアディクション130ヨネックスのVCORE Duel G 97 (Vコア デュエル ジー/G2)に46/44で。

ヨネックスのMULTI-SENSA 125 (マルチセンサ/2016.8.5) から変更。


考えたこと

ポリだから少し細くても切れないだろうし、と思って、1.25mm前後の太さが続いていたのだけれど、やっぱり1.30mmのが好きだわ。ということで、1.30に戻してみる。

あとは、ポリが続いていたのだけれど、ポリモノからポリマルチに変えたら、もっと柔らかいのが恋しくなってシンセティックマルチに。ナチュラルは気をつかうので、置いておいて。

ということで、お店にTecnifibre X-One Biphase の1.30があれば試してみたかったのだけれど、1.24しかなかったので、見送り。

置いてあるシンセティックマルチのなかで、張ったことがないのを選んでみました。



初打ちしてみて

いい感じ。ボレーは気持ちよく飛ばしてくれてる。

ストロークはまだちょっと操作することがある感じなので、もうひとつ太くして1.35を試してみようかな。

張り上がりを受け取ったときは、ちょっと硬いかなと思ったけど、打ってみたらこんなもんでよかった。

シンセティックマルチの旅にでよう。

2017年4月28日金曜日

たからづか牛乳

美味い牛乳は正義。

隣のルマンで買ったサンドイッチをこちらの店内でいただくことも出来るそうな。


2017年4月27日木曜日

『世界一やさしい問題解決の授業』

簡単な本だけど、ためになった。

「問題解決の流れ」p.19
  1. 現状の理解
  2. 原因の特定
  3. 打ち手の決定
  4. 実行

意識して抽象的なコトをマニュアル化したり定義付けるというのが少ないので。

作中で紹介されていた「考える道具」も実際につかってみたい。
  • 分解の木 pp.22-31
  • はい、いいえの木 pp.46-47
  • 課題分析シート:原因を見極める(課題、仮説、根拠、分析・作業、情報源)pp.48-49
  • 効果と実行のしやすさのマトリックス p.62,65
  • 仮説の木 pp.87-89
  • よい点、悪い点リスト pp.106-108
  • 評価軸×評価リスト pp.109-111

そのためにも、座右に置いておきたいので、Kindle版があると、スペースを取らずにすぐに開けるので、助かるのだけれど。


2017年4月20日木曜日

風呂掃除用のスポンジ

洗濯機の掃除にもつかっているのですが、風呂掃除用のスポンジを交換しました。

お店で同じものが見当たらなかったので、洗剤をつかわない、よく似たタイプのを購入。


ユニットバスボンくんをメインでつかって、こちらのスポンジは補助的につかっていたから長持ちのしたのでしょうけど、ユニットバスボンくんを手放してメインでつかうようになったので、つぎの買い替え時期がよめない。