2017年7月31日月曜日

寝具の交換時期

脚付きマットレスと、それに付随する敷きパッドやシーツがなくなったので、ちょっとまとめて見てみる。

手持ちの寝具の一覧(内は購入日とか使い始めた日)


●アイリスオーヤマのエアリーマットレス(2017年6月3日)


●いただき物の掛け布団(2013年10月24日)
●いただき物の肌掛け(2014年6月18日)
  • 無印良品のカバー(2016年1月27日)
  • 無印良品のカバー(2012年10月3日)

●無印良品の枕(2015年6月20日)
  • 無印良品の枕カバー(2015年6月20日)
  • 無印良品の枕カバー(2015年6月20日)

●無印良品のパジャマ(2015年1月5日)
●無印良品のパジャマ(2014年12月9日)


へたってきていると感じるのがパジャマと枕かな。

2017年7月29日土曜日

前カゴと泥除け


自転車の前カゴと、前の泥除けを外しました。


マイママチャリ「パンクしない軽快車 Absto」は、タイヤ(チューブ)に空気ではなくて樹脂が入っているので、衝撃吸収が甘いのです。

前カゴに荷物を入れているとポンポンはねます。結果、前カゴに入れて運んでいた、テニス道具をつめたカバンの底面が傷んでしまいました。中の荷物にもよくなさそうです。

また、通勤経路にはけっこうな角度の陸橋があり、自転車を押して上がることがあります。その時、前カゴに荷物を入れていると、重たいんです。

ということで、荷物は背負うことにして、前カゴを取りました。


ついでに泥除けも撤去しました。汚れたときに掃除しにくいし、前ならフレームがマッドガードなってくれるのではないか、と。

結果、体感できるくらい軽くなって、いい感じに走ってくれます。

(職場へのタイムが3分くらい縮まるほど)

あとは前かごを外したので不要になった金具を取りたい。



ライトの余計な金具も省きたい。



2017年7月27日木曜日

サイクルボトルとケージホルダー

手持ちの水筒がひとつ増えました。


写真の左、真ん中はナルゲンの0.4リットル、右もナルゲンの1リットルです。

新しく加わったのは、キャメルバックのポディウムボトル(0.61リットル)です。

サイト「MINI VELO 道」で知って、モンベルで買いました(オンラインストアでは交換用のキャップチルジャケットボトルビッグチルボトルしかないけど、実店舗にはあったよ、0.7リットルのも)。


5キロ10キロ15キロと、自転車で移動する距離が増えてきて、乗っている時間が長くなり、水分補給が必要になってきました。

そこで、手持ちのナルゲンを前カゴに放り込んで走ってみたのですが、これが跳ねる。そして転げ回って、うるさい。

こらあかん。ということで、スポーツバイクに乗っている人の真似をすることに。


そのために水筒以外で購入した物が、水筒を差し込むケージホルダーと、ケージホルダーと自転車をつなぐどこでもケージホルダー



スポーツバイクだったらケージホルダーを直接取り付けられる穴が本体に開いているようですが、そんな穴の開いていないママチャリなので、ケージホルダーと自転車本体をジョイントするどこでもケージホルダーという商品のお世話になります。

取り付け位置は迷走中。こちらだと自転車をまたぐ時の邪魔になるし、こちらだと自転車を持ち上げる時の邪魔になるし、こちらだと立ち漕ぎの時に、と。




手持ちの水筒があるのに、ポディウムを新しく買ったのは、ナルゲンだと両手を使わないと飲めないのに対して、ポディウムだと片手で飲めるので水分補給が手軽になります。

それと、ポディウムは握れば水が噴射されるので、口をつけずに飲むことができます。

(使わないときやカバンに仕舞うときはロックしておけば水は出ないので大丈夫)

口をつけずに飲むことができるので、飲み口がくさくならないのでは?というのと、体にかけても衛生的では?というのがあります。暑いときに頭にかけたり、こけたときの傷口の洗浄とかね。

テニス教室でも小さい子がこけることがあるのだけれど、すぐに傷口を洗いに行く子もいれば、洗いに行くのを嫌がるというか、コートから離れたがらない子もいるので。これならその場で処置できるかな、と。

粗大ごみの出し方

シングルベッド(脚付きマットレス)を粗大ごみで収集してもらいました。

すっきりしたのですが、家の前まででも出すのが大変で、自力で簡単に動かせないような物は、出来るだけ買わないようにしようと思います。

そうは言っても、まだまだ家の中には粗大ごみになるものがたくさんあるので、次回以降のため、市のサイトに補足するかたちで、粗大ごみの出し方をメモしておきます。


1.まずは電話する(持ち込みか、収集か、希望を伝える)
  • 予約・受付センター:0797-87-3363
  • 予約受付日  月曜日 ~ 日曜日(祝日も行います。)
  • 予約受付時間 午前9時 ~ 午後5時まで

2.電話口で確認されること
  • こちらの電話番号
  • フルネーム
  • 住所
  • (向こうの住所と名前が記載されているものと照合している様子)

3.空いている日時を教えてくれる


4.予約する


5.収集であれば当日までに粗大ごみ処理券を購入しておく
  • 1枚300円の券面のものを必要な枚数だけ
  • 自力で出せない場合は、業者にたのむしか無いのかな?

6.持ち込める大きさの物は持ち込みのが安くなりそう
  • 車での持ち込みを想定しているようだが、徒歩でも可能
  • 入口と出口で乗物こみの自重を計られる
  • 差分、10キログラムにつき90円を支払う

7.除外品目

 家電リサイクル法の対象となる品目(エアコン、テレビ、電気冷蔵庫・電気冷凍庫、電気洗濯機、衣類乾燥機)については、購入店または買い替え店に引き取り義務がありますので、市は収集・処理を行いません。

 また、タイヤ、バッテリー、ガスボンベなどの処理不適物・危険物は収集・処理は行えませんので、購入店等に返却してください。詳しくはクリーンセンター管理課(電話:0797-87-4844)にお問い合わせください。


8.その他

 市サイトに問い合わせフォームあり

2017年7月26日水曜日

シートポストの交換

自転車のシートポスト(サドルピラー)を交換しました。


日本サイクリング協会によると、ママチャリは「サドルにまたがって両足のつま先が地面につく高さが適正」だそうです。


ということでマイママチャリ(パンクしない軽快車 Absto)のサドルの高さを上げようとしたのですが、サドルを支えている棒、これをシートポストとかサドルピラーと呼ぶのだそうですが、シートポストには限界線というものが設定されていて、これ以上は伸ばすんじゃない、というのがあります。

で、限界線ギリギリまでシートポストを伸ばして、サドルの高さをあげたのですが、あともう少し、物足りない。もうちょっとだけ上げたい。

ということで、もとから付属していたシートポスト、これが直径25.4mm×長さ250mmだったので、これより少し長めの、直径25.4mm×長さ300mmのシートポスト(キャプテンスタッグ 鉄(クロムめっき))をホームセンターで購入(537円、Amazonよりも安かった)。


交換する前にググって予習すると、「両側のナットを緩め、あとはポストを入れ替えるだけ」でよいと。

実際、そんな感じでした。付け加えると、自転車本体からサドルを抜いた状態でシートポストを交換したら、仮留めして、自転車本体にサドル(とシートポスト)を挿して、サドルの角度を「地面と平行」になるように調整してから本締めするといいかも。


2017年7月24日月曜日

ブラックキャップの移動

2017年6月に設置したブラックキャップ(ゴキブリ対策の毒餌)。

ひと月ちょっと経って見てみたところ、家のなかに設置したものには変化がない。

家の外に設置したものには、ゴキブリのものか不明だけれど黒いフンがまわりに落ちていたり、蜘蛛が巣をはったり、ほかの虫もよってきている様子。1度は猫にでもパンチされたのか吹っ飛ばされていました。


ということで、家のなかに設置したものは、そのまま置いておいて、外に設置したものについて。

パッケージ(箱の説明書き)のおすすめにしたがって、建物の側に置いておいたのですが、家のなかにはいなさそうで、外のブラックキャップには何かわからんが寄ってきている、と。

これってわざわざ家の中にはいない虫その他を、ブラックキャップの甘い匂いで家の近くまで呼び寄せているっていうことちゃうの?あかんやん。

ということで、撤去して消臭しようかとも思ったのですが、近隣のゴキちゃんが全滅しているかは不明だし、設置場所を建物から離して、隣家との境界付近に移動させました。


Googleカレンダーに予定した回収メモの設置場所も変更して、またしばらく様子を見ることに。

2017年7月23日日曜日

ニス塗り

本棚を作成した時には(面倒くさくて)さけたニス塗りに初挑戦です。


机の手前側、よく腕のあたるところが、だいぶ手垢で汚れていたので、いつもは乾拭きのところを、ウェットティッシュで拭いたのですが、汚れと一緒にニスもとれてしまいました。



見た目だけの問題だったら放置するのですが、見た目だけでなく手触りもハゲハゲで乾いた感じ。ニスが残っている部分と比較すると、ニスのなくなった部分の保護されていない感が半端ない。これを放置するのはまずい、と面倒くささ以上の危機感をおぼえ、ニス塗りを決意。


軽くググってからホームセンターへ行き、説明書きを読みながら物色、水性ウレタンニスの1番少ない量(130ml)のを選びました(ワシン 近似色 透明クリヤー)。

あまり量が多いものを買っても使い切れないだろうし、塗料を入れる容器も付属していて、薄め液も水でいいし、あとは刷毛があればOKという手軽さが気に入りました。


あまり仕上がりにはこだわらず、とりあえず机を保護できたらいいや、くらいで塗り塗り。



全体にこんな感じの色になって、思った以上に格好よくなり、満足です。


塗りムラはあるし、ヤスリはつかってないし、説明書きだけを読んでしたら動画のQRコードやサイトのPDFを見逃しているわで、てんでダメダメですが、とりあえずニス塗りの技能を取得いたしました。

これで次から、ニス塗りには軽く対応できます。ただし、水性。

2017年7月22日土曜日

自転車のメンテナンス

街乗り&通勤自転車バイブル』を見ながら、自転車のメンテナンスをしました。

といっても、ノーパンクタイヤのママチャリなので、雑巾で拭いて油をさしたくらいですけど。

それでも気分なのか、走りが軽快になった気がします。職場まで40〜50分かかっていたのが、初めて40分をきりましたし。


拭いていて、ドレスガードは要らんやろと思い、外しました。ちょっとスッキリした印象に。




余談ですが、「ドレスガード」でググったら、えらい気合の入ったコンテンツがヒットしました。→ロングスカートと自転車「ドレスガードの作り方」 | スチームパンク大百科S

2017年7月21日金曜日

クレジットカードの認証サービス

Googleの二段階認証などのサービスをつかい慣れてくると、そうじゃないサービスのセキュリティが不安になります。

とくに、わるさをされると直接お金を損するかもしれないクレジットカードは。


で、クレジットカードはVISAとかJCBとか毎に本人認証サービスが提供されています。イオンとかセゾンとかの発行会社ごとではなく。

が、例えばVISAなら、VISAの認証サービスをつかうのにVISAに何か申し込むのではなくて、発行会社に申し込むことになります。イオンとかセゾンとかに。

で、セゾンカードでVISAの認証サービスをつかおうと思うと、セゾンのネットサービス(Netアンサー)のアカウントをつくって、そこからVISAの認証サービスへ新規登録することになります。

セゾンカードでは、VISAの認証サービスをつかうのに、Netアンサーの利用が必須。

しょうがないのでNetアンサーをつかうのだけれど、これがリボ払いの誤クリックを狙ってんのか?というつくりで、あまり好きくない。

好きくないんだけど、クレカのセキュリティを上げるのには利用せざるをえない。


他社発行のクレジットカードと、年会費無料とかのクレジットカード本体のサービスだけでなく、連携する認証サービスの使い勝手も含めて、比較検討するべきかと思うのですが、面倒くさい。

もうちょっとイライラがつのって行動するまで現状維持で、少しはクレジットカードのセキュリティが上がったのでよしとしておきます。

2017年7月20日木曜日

スクラビングバブルのバスクリーナー

風呂掃除を見直し中です。

どうしたら楽に石鹸のあとを消せるのか、と。

で、ここ数年はつかうことのなかった風呂用洗剤に手をだしました。



強力で、こすらなくてもスプレーして流せばよい、と聞いて。

楽そうだと試してみたものの、強力すぎるのか、うちの節水シャワーの貧弱な水流では流しきれず、残ります。

洗剤を流すためにスポンジでこする、みたいになって、ボツ。


つぎ行ってみよう。

2017年7月19日水曜日

サンダル



ここ、何年くらいでしょうか?もう10年を超えてそうなイメージですが、クロックスを愛用しています。

クロックスのよいところは、テニスの行き帰りに1年中つかえることです。

裸足でもソックスを履いたままでも履けるので。


で、こう暑くなってくると、テニスの行き帰りだけでなく、近所の買い物にも履いて出かけます。

以前に住んでいたところは買い物といっても限られていたのですが、今のところは地形的にどこまでも広がる感じで、気づけば5kmから6kmくらい歩いていたりします。

1kmくらいならクロックスで不満はないのですが、距離を歩くと、ふつふつと鼻緒が欲しくなります。

しっかりと鼻緒をつかんで歩きたい。


なのですが、雪駄や下駄は、悪目立ちします。

ということで、「歩ける」「鼻緒」の「サンダル」を物色。

「歩ける」→レザーサンダルはつかれるのでスポーツサンダルか

「鼻緒」→レザーでもビルケンシュトックは歩けそうだけど、鼻緒のイメージではないな。ビーチサンダルでは距離を歩けなさそうだし


そうこうして、引っかかったのがモンベル(mont・bell)のスリップオンサンダルです。

モンベルおじさん化がとまりませんが、しばらくこいつを試してみようと思います。

2017年7月16日日曜日

Runkeeper

Androidスマホに入れたアプリの話。


自転車通勤を始めて1ヶ月ちょっと、ただ往復するだけできつかったのが、慣れてきて、ちょこちょこルートを開拓するようになりました。

その際に、どれくらいの距離を、どれくらいの時間をかけて、どれくらいの速度で移動しているのかがわかれば便利だなと思い、でもママチャリにサイコン(サイクルコンピュータ)をつけるのもなと思って、インストールしました。

  • 7.68km 42:05分 10.95時速 212カロリー
  • 9.83km 45:12分 13.04時速 274カロリー

距離が長くなっても走りやすい道は速度が出るせいか、時間はそんなに変わらなかったりして、おもしろいです。


使い方は、スタート地点でアプリを起動して始動させたら、画面を消してカバンに放り込み、ゴール地点についたら停止させて記録を見る、という感じ。

道中では音声案内(時間、距離、平均速度、現在の速度)を3分ごとに流して、Bluetoothで接続した片耳ヘッドセットから聞いています。


サイクリングだけでなくウォーキングやランニングにも対応しているので、あらためて計ってみると、例えば家から駅まで、こんだけしか距離がなかったんだとか、歩くとこんなに時間がかかっていたのかとか、再発見できて楽しいです。


リンク

2017年7月13日木曜日

『遺品整理士という仕事』

未婚で子供のいない自分が死んだら、誰が自分や自分の持ち物を片づけてくれるのかしらん?と、上野千鶴子『おひとりさまの老後』(もう10年も前の本なのね)を手にとったのだけれど、ちがった。

未婚で子なしの行く末だから、「おひとりさま」をキーワードにしたのだけれど、自分が知りたいのは老後じゃなくて死後でした。

(あとは当時さわがれていた本で印象に残っていたからね、ひっぱられてもしょうがない)

ということで、キーワードを「遺品」に変更して手にとったのが、つぎの本。


木村榮治『遺品整理士という仕事』平凡社新書(2015年)

こちらは片づける人に寄り添う仕事としての遺品整理士について書かれた本。

片づけられる自分について知りたいので、ドンピシャではないのだけれど、興味深い記述がちらほらありました。


以下、引用。
孤独死に明確な定義はありません。多くは一人暮らしの高齢者などが自宅で亡くなり、何日も見つからないケースを言います。この状態に、生前も日ごろから周囲との交流がなく、なるべくしてそうなったというニュアンスが加わると「孤立死」と呼ばれます。p.127 
亡くなってから発見までの期間を短くしなければならない p.129
引用、ここまで。


まだ明確な定義がないということに驚きつつも、自分が知りたい状況について、新たなキーワードとして「孤独死」と「孤立死」をゲットです。

また他のページには「無縁死」というのもありました。


「特殊清掃」のお世話にならないよう、早くみつけてもらわないとダメですね、そう思います。

(ここ、うまく書けないので、本書を読んでいただくか、「特殊清掃」をキーワードに情報を拾ってくださいな)


ではでは、おひとりさまは、誰に?どうやって?早く見つけてもらえばよいのでしょうか?というところで、またつぎの本へ。

2017年7月12日水曜日

温湿度計の電池交換

3回目の電池交換。


つかっている温湿度計はOHM(オーム電機)のHB-T03、小さくて必要十分な情報が表示されるので、気に入っている。

(置き場所は卓上なんだけど、まだすっきりしない。もっとよい居場所はないものか)

購入したのは2016年3月で、引っ越してきてから。

土地が変わって気候が変わって、家が変わって窓の開閉だけだった生活にエアコンが入ってきて、室温とか湿度が気になって買った。

買ってみて、数値で見ないと自分の感覚は全然あてにならないということが分かった。


交換した電池はCR2032というコイン型。

今回、2017年7月、セリアで三菱製のを108円で
2回目、2017年1月、たぶんセリアで108円だったかな
1回目、2016年8月、たぶんセリアで108円だったかな
購入、2016年3月、付属の電池を使用

おおむね半年ごとに電池交換しているみたい。

交換したら、乾電池の回収をしている家電量販店に、古い電池を持って行く。

(「電池のうち、ボタン型電池やニッカド・リチウム・水銀電池は、販売店に返却してください」宝塚市ごみの出し方→小型不燃ごみより)


本文とは関係ないけど、オーム電機のダイレクトショッピングページでAmazonアカウントから支払い可能とあって、へーと思った。

直販サイトを探してAmazonで支払い、という買い方もできるのか、と。

2017年7月6日木曜日

自転車のルール

知っているつもりでいるけれど、確認のために。

車道が原則、歩道が例外

歩道を走れるのは、
  1. 青地に自転車のマークの通行可の標識がある場合
  2. 年寄りや子供、体の不自由な人
  3. 工事をしていたり、交通量が多かったり、路駐があるなど、やむを得ない場合
歩道を走る場合は、歩行者を優先して、車道寄りを徐行。


イヤホンやヘッドホンは周囲の音が聞こえて安全に運転できればOK

イヤホンNGだとナビどうするねん?スマホの画面を見ながら運転する方が危ないやろ、と思ったのですが、よかった。


クルマやバイクと共通のルールは省略。


路側帯は基本OK、実線2本の歩行者専用はNG

よく分からなかったのが路側帯(車道外側線)。ここは言葉じゃなくて図を見たほうが理解が早かった。

気にするのは実線2本の歩行者専用だけでよさげ。

2017年7月5日水曜日

自転車保険

兵庫県では自転車損害賠償保険等への加入が義務づけられている

(自転車損害賠償保険等の加入)
第13条 自転車利用者は、自転車損害賠償保険等(その自転車の利用に係る事故により生じた他人の生命又は身体の損害を填補することができる保険又は共済をいう。以下同じ。)に加入しなければならない。ただし、当該自転車利用者以外の者により、当該利用に係る自転車損害賠償保険等の加入の措置が講じられているときは、この限りでない。[PDF]

個人賠償責任保険に加入しておきなさい。対物はなくてもよいよ。「自転車保険」という名称でなくてもよいよ。自分の名義でなくてもよいよ。ということかしらん。

自転車の購入時に赤色TSマークをつけておいたので、ひとまずはOK。

赤色TSマークの中身は、対人のみで対物がない。賠償限度額は5,000万円。示談交渉サービスはなし。格安。ということで、つかわないことを前提にすると、これでよい。つかうことを前提にすると、ちょっと物足りないかも。



以下は、ついでの情報整理。



個人賠償責任保険

単体で「個人賠償責任保険」という名称で契約をむすぶものではなくて、ほかの主たる保険(共済)契約にオプションとして付加するものらしい。火災保険や自動車保険、クレジットカードなどに。

「MUJIカード」もセゾンカードなので、月300円で付帯できて、賠償額が1億円にあがるけど、示談交渉サービスはなし、と。

2017年7月4日火曜日

『自転車の教科書―身体の使い方編』

自転車を生活に入れてから、自転車が気になってしょうがないこの頃。

思いつくキーワードで検索しては、ヒットするサイトをむさぼり読んでいます。

その中で、『MINI VELO 道(ミニベロロード)』というサイトの「ミニベロの乗り方・姿勢は「おじぎ乗り(やまめ乗り)」が最適な8つの理由」という記事で『自転車の教科書』という本を知り、読んでみました。




紹介されていたのは『自転車の教科書』なのですが、読んだのは続編の『自転車の教科書―身体の使い方編』です。

本書でいう自転車はロードバイクのことです。

で、本書で語られている哲学が、自転車のことであるはずなのに、異なる競技である自分のテニスにも通じるところがあって、面白かったのです。

競技が異なるので、個別の身体の使い方はもちろん違うと思うのですが、本書が行き着くところとする「軸」「荷重移動」「おじぎ」「脱力」は、テニスでも「軸」「体重移動」「骨盤」「脱力」に相当して、ほぼほぼ同じではないのかなーと思いました。

異なるのに似ていると感じるのは、その競技に求めるものが似ているからなのでしょうね。

例えば勝ち負けが重要な意味をもつ錦織の所属するプロテニスの世界と、趣味で身体を動かしているアマチュアテニスの自分の世界とでは、同じテニスであっても、異なります。


本書が自転車に求めているものは、「年齢を重ねていっても自転車に乗ることを通して、自分の思い通りに身体の隅々まで動かせることや、しなやかな身体を作ること p.178」で、これは自転車に乗ることをテニスに置き換えれば、そのまま生涯スポーツとしてのテニスに当てはまります。

なので本書は、自転車はもちろん、他のスポーツや身体を動かしている方が読んでも、その目的が上記のようなものであれば、なにがしか得るものがあるかもしれません。

自分がテニスの大きなところを見失っていたと気付かされたからなんですけどね。

趣味として身体を動かしている方に、よい本です。

2017年7月3日月曜日

自転車

自転車を買いました。



6段変速のママチャリです。

特徴的なのはノーパンクタイヤであることです。


自転車のある生活

小学生の頃はガシガシ自転車に乗っていましたが、その後は電車、車、バイクで、家に自転車がない期間も長かったです。

実に数十年ぶりの、自転車のある生活です。

距離にもよりますが、徒歩の半分くらいの時間で移動できるのがよいです。

片づけられる用事が増えます。


ノーパンクタイヤ

片道7kmの通勤につかうのが主な目的だったので、パンク=遅刻をさけるためにノーパンクタイヤにしました。

第一印象は「重た」かったです。

自転車の軽快感がなくて、ジムでエアロバイクを漕いでいるようなトレーニング感がありました。

ひと月ちょっとたって、慣れたけど。


初めて職場まで往復した時は、お尻が痛かったです。

タイヤ(チューブ)の中に入っているのが空気でなくて樹脂なので、衝撃吸収性が劣るのでしょうね。

極力、段差をさけたり、乗り上げるさいにはお尻を浮かしたりすることで痛むことはなくなりました。


普通のタイヤと違うので、ちびてきたときにスムーズに交換できるのかどうかが気になるところです。


自転車

最初はスポーツバイク(クロスバイク)でも買おうかと思っていたのですが、室内保管のハードルが高そうで(家族の理解や説得、スペース確保が面倒で)、やめました。

電動自転車は選択肢になかったのですが、ストップ&ゴーが楽そうだし、いいなーと思います。漕ぎ出すのが面倒で止まりたくないというのがあるし、止まらないことで危険な状況になるかもしれないので。

ママチャリはけっこう大きくて、信号待ちする時などは、とくに他にも信号待ちしている自転車がいると、場所をとって申し訳なく、小径車(ミニベロ)のがいいなーとか。

折りたたみ(フォールディングバイク)なら室内保管できたなーとか。

乗るようになってみると、やたらと自転車が目につくようになりました。


自転車に乗ると自転車道をもっと整備してくれと思います。

歩道は出会い頭の事故や逆走してくる自転車がこわいし。

車道はクルマがこわいし。

サイクリングロードは快適、向かい風でなければ。


リンク
パンクしない軽快車 Absto | 株式会社サギサカ

2017年7月2日日曜日

宝塚市の防災情報

「毎月1日に発行される市の広報を確認しなはれや」と、Google カレンダーさんがおっしゃるので、『広報たからづか2017年7月号(PDF)を読んだところ、宝塚市の防災情報の入手先として4つ紹介されていました。
  1. 宝塚市雨量情報
  2. 宝塚市「安心メール」(ひょうご防災ネット)
  3. エフエム宝塚(83.5MHz)
  4. web版たからづか防災マップ

1.雨量情報サイトと4.防災マップはパソコンから確認してブックマークした。

防災マップは以前にも見たことがあった。


2.安心メールは、解除できることをサイト上で確認してから、登録した。

初期設定では「河川洪水予報を希望しない」になっていたので、


「武庫川」と「猪名川」を希望するに変更。


3.エフエム宝塚は、ラジオを手放してしまっていたのだけれど、スマホアプリがあるというのでインストールしてみた。

が、自分の端末環境では動作しないようです。

そのうち小型の携帯ラジオを購入してもいいかもね。