スキップしてメイン コンテンツに移動

CarryMeにボトルケージ


追記2018年06月29日
元ネタはこちら↓



作成2018年06月27日
梅雨が明けて本格的に暑くなる前に、キャリーミーにボトルケージをつけたかったのです。

自転車で出かけると、もう2km先のお店、もう3km先のお店と、気づいたら家からえらい離れていて、水分補給が必要になったりするので。


リクセンのマイクロボトルバッグをフロントの台座に、ローロ大阪さんにお願いして、付けてもらいました。

腹づもりとしては、これのバッグ部分にのびる輪行カバー「CCP製CARRY MEカバー」も収めるつもりだったのですが。

空のボトルなら、何とか輪行袋も収納できないことはないが、ボトルに水を入れると、輪行袋の収納は無理でした。

輪行袋を、トラベル用の小さいサイズの衣類圧縮袋に入れてみてはどうだろうと考えたけど、ジッパー部分の長さがバッグの長辺を超えるので、難しい。
ボトルの抜き差しに干渉しないよう、平べったくしたいので、袋に詰めて丸くなるのも難だし。

もうちょっと研究してみるけど、輪行袋は後ろに載せようか。

キャリミを車載したときに、折り畳んだ状態では、テールライトの出っ張りが邪魔になったので、テールライトをサドルあたりに移せば、バックホーク周辺のスペースが空くし。
そこに、畳んでコロコロした際にすらないよう、ちょっと上めの位置に。

フロントにつけたマイクロボトルバッグは、乗車時は気にならず、折りたたみ時も邪魔にならず、ただ押して登ったりする際にはしっかりと重みを感じるので、これ以上の大きさのバッグや重量増はきついかな。

あと、めっちゃ汗をかくというか、ボトルの水滴がバッグに溜まっていた。
かといって普通のボトルケージだと、折り畳んだ時に出っ張りになって邪魔になるし。
これなら押さえればくしゃっとつぶれるし。

こまめに外して干すか?