スキップしてメイン コンテンツに移動

汚水管の洗浄とチェック


週末いつもの水回りの掃除をスキップして汚水管の洗浄をしました。


といっても、マイナスドライバーをつかって汚水管の蓋を順に開けていき、そこから見える範囲を目視して、ホースで水を流すだけの簡単なものなんですけどね。


引っ越てしきて早々に、汚水管がつまるトラブルがあり、その時の原因はフタのパッキンが下に落ちていたからなのですが、それから定期的にフタを開けて水を流しています。

定期的に見ていると水回りのどこの掃除が足りていないのか、分かりますしね。


最初は非常にめんどうくさかったのですが、細くて長いホースを買ってからは、この作業がかなり簡単になりました。

家の汚水管が、北側の東端からはじまり、西側を通って、南へ抜けていくのですが、長いんですよね。

で、ホースをつなぐ水栓が北と南に2箇所あるのですが、つなぎ変えるのが面倒くさかったんです。

バケツで一箇所ずつ回る気もしませんし、とくに夏場は。

ひとつの水栓につないだままホースを伸ばして回れることが、すごく楽。

長いホースはいい!

でも普通のホースで長さがあると、けっこう場所をとるのと、重たくて取り回しにくいのです。

そこで細くて長いホースです!超コンパクト!

購入前はホースにこの値段?という感じだったのですが、これはよかった。



最近ではコウモリの狙撃にも役立っていますしね。


(家をどうにかすることがあれば、そもそもの汚水管の長さも短くなるように水回りを配置したい。長いと、その途中でトラブルが起きる可能性も高くなるんじゃないかな?)