2017年7月21日金曜日

クレジットカードの認証サービス

Googleの二段階認証などのサービスをつかい慣れてくると、そうじゃないサービスのセキュリティが不安になります。

とくに、わるさをされると直接お金を損するかもしれないクレジットカードは。


で、クレジットカードはVISAとかJCBとか毎に本人認証サービスが提供されています。イオンとかセゾンとかの発行会社ごとではなく。

が、例えばVISAなら、VISAの認証サービスをつかうのにVISAに何か申し込むのではなくて、発行会社に申し込むことになります。イオンとかセゾンとかに。

で、セゾンカードでVISAの認証サービスをつかおうと思うと、セゾンのネットサービス(Netアンサー)のアカウントをつくって、そこからVISAの認証サービスへ新規登録することになります。

セゾンカードでは、VISAの認証サービスをつかうのに、Netアンサーの利用が必須。

しょうがないのでNetアンサーをつかうのだけれど、これがリボ払いの誤クリックを狙ってんのか?というつくりで、あまり好きくない。

好きくないんだけど、クレカのセキュリティを上げるのには利用せざるをえない。


他社発行のクレジットカードと、年会費無料とかのクレジットカード本体のサービスだけでなく、連携する認証サービスの使い勝手も含めて、比較検討するべきかと思うのですが、面倒くさい。

もうちょっとイライラがつのって行動するまで現状維持で、少しはクレジットカードのセキュリティが上がったのでよしとしておきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿