2017年5月19日金曜日

スマホ

iPhone3G、同4、同4S、ZenFone5、Nexus6Pと、スマートフォンも五代目になりました。

だんだんと自分の好みも分かってきたのでまとめていきます。


SIM(ロック)フリー端末

キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の二年縛りや端末代金を抱き合わせた料金プランが煩わしいので。

端末と通信契約を分けて、SIMフリー端末と格安SIMサービスを自分で組み合わせられるのが好みです。


Android(アンドロイド)

Gmail(ジーメール)など、もっぱらGoogle(グーグル)のサービスを利用しているので、OSがAndroidの端末だと、端末の利用も、サービスの利用も、どちらもGoogleのアカウント1つで共通して済むから。

iPhone(アイフォーン)だと、端末の利用にApple(アップル)のID。Googleサービスの利用にGoogleのアカウント。と、端末の利用とサービスの利用に、それぞれ別のアカウントを2つ用意して管理しないといけないので、面倒くさい。

パソコンがWindowsから離れてChromebookになっているので、Windows phoneはなしだし、Chromebook(パソコン)がGoogleで、Android(スマホ)もGoogleなので、パソコンとスマホの同期もばっちりで言うことなし。


純正(ピュア)Android

端末メーカーの主張が強いのは、プリインストールアプリが多いのは嫌い。自分には不要なものが削除できずに在り続けるというのは、イライラする。

なのでGoogle純正のNexusやPixelが一番、純正だとアップデートも確実だし。

だけど最近のGoogleさんは、Appleさん的な収益構造もがっちりつかみにかかっているのか、値段がiPhone並みに高くなっているのが難点。

あんまり要らんもんは入れてませんよ、とピュアAndroidを謳っているMotorola(モトローラ)の端末はつかってみたいし、落とし所かもしれない。

(広告以外の収益もがっちりしていないと、Chromeに広告非表示なんて話はでないと思うしね)


指紋認証

これはもう離れられない。スマホの中には自分の大切なデータも他人様の連絡先なんかも入っているわけで、ロックはかけなきゃならんとは思うのですが、ロックをかけると利用する度にいちいち解除するのが煩わしいんですよね。

それが指を合わせるだけで解決できるという。素晴らしい。


5.0インチ145g、5.2インチまで

片手で操作しやすい大きさと、常に持ち歩くのに負担とならない軽さがよいと思いました。

読書端末も兼ねて大型化したのですが、重たいし、読書端末としては使えるけど物足りないしで、帯に短し襷に長しとなりました。

スマホは色んなことが出来るけど、メインは電話やメール(チャット)などの連絡を取り合えることで、あとの機能はサブとして割り切らないと迷走しますね。

読書端末はKindleやタブレット、カメラもコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)、文書管理やスケジュールはパソコン、ゲームはゲーム機、電卓にタイマーも、それぞれしっかりつかう場合はメインを引っ張り出すことにします。

ZenFone5の外身プラスチックは扱いやすくて好きでした。中身はハイエンド、でも外身はチープが雑に使いまくれてよいと思います。ZenFone5のは、あれはもうちょっと剥がしやすいと嬉しいのですが。


スペックNexus6PZenFone5Wikipedia
サイズ横幅約77.8×高さ約159.3×厚み約7.3mm横幅72.8×高さ148.2×厚み10.34mm
重量約178g145g
画面5.7インチ5インチ
メモリ(RAM)3GB2GB
ストレージ(ROM)64GB16GB
SIMカードスロットnanoSIM×1
(抜き挿し画面上向き)
microSIMスロット×1
メモリースロットなしmicroSDXC (最大64GB)
バッテリー3,450mAh2,110mAh
カメラ約1,230万画素背面800万画素
OS(初期)Android™ 6.0 MarshmallowAndroid 4.4.2
発売日2015年11月6日(ソフトバンク)2014年11月8日(日本)

0 件のコメント:

コメントを投稿