スキップしてメイン コンテンツに移動

テニスラケットと振動と飛びについて




 昔は今ほど正確に記録を残す習慣がなかったので、おそらくですが、10年以上、オーバーグリップと振動止めを使用していました。それを、昨年から1年ほどの間はやめて、オーバーグリップも振動止めもつけない、素の状態のラケットでテニスをプレーしていました。

 ラケットに振動止めを付けず、グリップも元巻きのレザーの上に何も巻かないでプレーすると、飛距離を含むコントロールや、面作りが上手く出来ていると感じて、気に入っていました。特に、優しく打つのが。

 が、最近また振動止をつけたり外したり、オーバーグリップを巻いてみたり、し始めました。


 復活したわけ

 昨年の秋と、この春と、テニスで転倒というか、飛び込んだというか、その際に、ラケットを握っている方で、ラケットを握ったまま手をついてしまいました。そのせいではないかと思うのですが、テニス後に、手にダメージ(手のひらに痛み)が残るようになりました。

 そこで、インパクト時の衝撃を緩和すれば、手へのダメージも軽くなるのではないかと思い、再び振動止やオーバーグリップを付けるようになりました。


 振動止めを使うことで何が変わるのか

 それぞれつながっているのですが、あえて分けると、下記の3種類でしょうか。

  1. ラケット
  2. プレー
  3. フィーリング
 当たり前ですが、ラケットに振動止めをつけると、その重さの分だけ、ラケットが重たくなります。また、ラケットのバランスも変わります。バランスが変わると、スイングのしやすさや、面の安定感も変わるように感じます。

 もちろん振動止めなので、打球時の、ラケットでボールを打つ瞬間の、インパクトで手に伝わる衝撃も軽減されます。メカニズムはよく分かっていないのですが、振動が軽減されることで、強く打てるというか、より少ない力で飛ばせるというか、同じ力で打つと飛びすぎるように感じます。


 オーバーグリップテープを巻くことで何が変わるのか

 ラケットに付ける位置が異なるせいでしょうが、振動止めほど、重さやバランスが変わったという感じはしません。が、振動が軽減される、同じ力で打つと飛びすぎるというのはオーバーグリップだけを巻いても感じました。

 同じ力で打つと飛びすぎるというのは、より少ない力で、今までと同じ飛びを実現できるということで、ひょっとして脱力やリラックスというものが、自分の意識や技術ではなく、振動止めやオーバーグリップテープという道具で実現できるのか?というのが、今回の、久しぶりにオーバーグリップを巻いたり、振動止めを付けてみた感想です。

 インパクト時の、手に伝わる衝撃を減らすというのは、その分だけ、効率的にボールに力が伝わっているという状態であり、好ましいものだと理解していて、いかに手に伝わる衝撃を減らすか、リラックスと言われるものや脱力と表現されるものを身に付けるか、と考えていたのですが、自分の意識や技術でなく、道具からこの問題にアプローチできるかもしれない、というのが発見なのですが、うまく伝わるでしょうか。


 振動や衝撃も取り過ぎると、それだけ情報が減って、その分だけ、プレーが雑になるイメージがありました。そのせいか、反対に、減らすことの効果には、今まであまり目を向けてこなかった気がします。減らすことが脱力につながるのであれば、是非とも取り入れて、どれくらい減らせば、どれくらいプレーが変わるのか、注目してみたいです。

 自分が意識するのではなく、道具に助けてもらって、欲する状態を実現するというのは、望むところなので、もう少し続けて、観察してみたいと思います。

このブログの人気の投稿

アンダーウェアはモンベルのジオラインがよい

夏のクールメッシュが快適

 趣味でテニスをしているのですが、夏場の汗は半端ないものがあります。
 マンガみたいにシャツをしぼれるくらいに汗をかきます。

 テニスウェアの、ハーフパンツやドライシャツは、吸汗速乾をうたう、すこぶる機能的なものなのですが、インナーウェアが、下着が普通の綿パンだと、とても不愉快なことになります、中が、汗だくで。

 で、快適なインナーを求めて色々と試した結果、モンベルのジオライン クールメッシュ ブリーフにたどりつきました。
 これはよい。よし!アンダーウェアはモンベルのジオラインで揃えていこう!と、思ったのが夏のこと。 mont‐bell ジオライン クールメッシュ ブリーフ 男性用
冬用アンダーウェアもモンベルのL.W.(ライトウエイト)がよい

 歳を経て、ようやくインナーが大事ということに気がついてきて、さて冬です。

 ぼちぼちまた冬用のジオラインを調達しなきゃ、と思っていたところに、SNSでヒートテックよりもモンベルのジオラインがよいよ、という情報がまわってきました。そちらのおすすめにしたがって、一番薄手のL.W.(ライトウエイト)の長袖シャツとタイツを買いました。

 これがまた快適。

 テニス中も、オーバーを何枚も着たり脱いだりして調節していたのが、これ一枚だけ下に着込めばすむので、とても薄着だしスマート。
 冬場ならそんなに汗もかかないので、テニスが終わってからの着替えも必要ないくらい。
SNSでまわってきたヒートテックよりもジオラインをおすすめする記事

山岳ガイドが冬にヒートテックを使わない理由
モンベル公式サイトのジオライン説明ページ、ほんまに驚きの速乾性と温かさ

モンベル ZEO-LINE ジオライン
値段など商品の詳細情報と購入ページ

mont‐bell ジオライン L.W. ラウンドネックシャツ Men’s

mont-bell ジオライン L.W. タイツ Men’s

その他のジオラインのラインナップ
防災グッズとしてもよいと思う

 温かいし、速く乾くし、匂わないし。数日着続けていても大丈夫だし。洗濯してもすぐに乾くし。ということは、防災グッズとしても優秀なのでは。

 水道がストップしたら、水はまず飲み水とかにつかわれて、洗濯に水がまわってくるのは後のほうでしょうから。

 実際、少しまえに一泊することがあって、着続けていたのですが、…

ソロパッズのテニスソックスを買いました。

Thorlos(ソロパッズ)のテニスソックス(クルー)を買いました。


ソロパッズのテニスクルーとは

 アメリカの有名なスポーツソックス会社だそうで、APMA(全米足病医学会)の公認商品、足の健康とケガの予防に効果があるそうです。

 テニス選手では、現在だとシャラポワ、昔だとナブラチロワ、松岡修造、伊達公子(現在はどうなんだろ?)、杉山愛が使用していたそうです。

 ソロパッズのテニスソックスは、長さと厚みで種類が分かれます。長さは4種類、長いほうから順に、オーバーカフ(ハイソックス)、クルー(標準的な長さ)、ミニクルー(くるぶしの上までの長さ)、マイクロミニクルー(足首まで)。厚みは3種類で、レベル1から3まで、数字が大きくなるほど、厚みが増します。

 今回ぼくが購入したのは、長さが標準のクルーで、厚みが1番厚いレベル3のもの。2,052円でした、これが現在の定価かな。靴下、テニスソックスの中でもかなり高価な部類に入ります。
ファーストインプレッション

 実際に履いてテニスをしてみた第一印象です。足先と踵、特に他のソックスよりも踵に厚みのある感じがしました。少し滑る感じがするので、これが摩擦軽減に効果があるのかもしれません。

 左足の薬指の爪が内出血していたり、親指の側面に痛みがあり皮が分厚くなっているのですが、このソックスでは痛みを感じませんでした。プレー後の膝へのダメージも少ない気がします。ビギナーズラックかもしれませんが。

 ラケットも替えた最初は調子がよかったりするので、これから、シューレース(靴紐)の通し方や結び方、シューズそのものと合わせて、どういうモノと、組み合わせが、自分の足の負担を減らすのか、引き続き模索してみます。
余談

 布ペン「おなまえマッキー」でソックス裏に開封日を記入してみました。交換の目安として機能してくれればと思います。



 また、購入のためにテニスショップを7軒、大型スポーツ店を3軒、はしごしました。取り扱っていたお店は家から少し離れているので、これから定期的に購入するようになれば、アマゾンの利用も考えています。レベルいくつ、という情報が商品ページに見当たらないのですが。
リンク
長さに種類があることが記載されています。/テニスショップ裏日記 : ソロパッズ記事のメインはトアルソンですが、比較対象としてソロパッズが出てきます。/テニス…

手洗い排水管のサビ落としにスチールウールが活躍!

トイレの手洗いの排水管のサビをおとしきりました。

 アフターの写真だけでは説得力に欠けると思いますが、ビフォーの写真は、あまりに緑青色していて、載せられません。

決め手は洗浄剤付きのスチールウールでした



 物置にひっそりと仕舞われていたスチールウール。
 20年か、ひょっとしたら30年以上前からあるらしい。

 前の、前の、前の家?で、必要だったとか。

 現在は製造・販売が終了しているようです。


「ホーミングパッド」(洗浄剤つきスチールウール)は、2007年9月に製造・販売を終了いたしました。
(中略)
このサイトでは、製造終了後6ヶ月経過しても、多くのお問い合わせをいただく製品を掲載しております。


ホーミングパッド|住まい・食器のお手入れ品|製造終了品のご案内|花王株式会社
 2007年だったら製造終了後6ヶ月経過どころの話ではないので、それが現在もサイトに掲載されているということは、サイトの更新を忘れているのでなければ、現在でもそれなりの問い合わせがあるのだろうということで、けっこうな名品だったのでは。

 でも製造・販売が終了しているのですね。

 じゃあ現在は他にどんな商品が代わりになっているのかと、ちょっとググってみたりアマゾンさんのレビューを見てみると、ボンスターというとこのスチールウールが評判よさげです。

スチールウールの戦場は台所へ

 うちでトイレの排水管がきれいになったら、あとはそんなに錆びおとしが必要なところも見当たらないので、上記アマゾンさんのレビューを参考に、台所の掃除で活躍してもらおうと思います。

リンク

Amazon(アマゾン)- ボンスター ガンコな汚れがサッと落ちるスチールパッド 36個入